ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

自分の癒し方

夏休みが明けるとバッチフラワーレメディのセッションが多く、今週もレメディウィークでした。
毎年、春と秋はレメディのご希望が多いです。
そして、冬はアロマケア(風邪や感染症)、夏は比較的ひまです(笑)

フラワーと名前がつきますが、フラワーに限らず、自然界の木や水など38種類のエッセンスがあります。
植物(一種類だけ湧き水)がもつエネルギーが心のゆがみやショックをやわらげ、
その人の本来の姿に戻す癒しの療法と言われています。

イギリスの細菌学者のバッチ博士が1936年に完成させた療法です。

昨日は、お友達の救急事故の現場を目撃し、親子でショックを受けているので必要かもといらっしゃったママさんとお子さんがいらっしゃいました。

ママさんが事故の時の話をしていると、いつもは近くにいるCくんが少しママから離れ心もとなく宙をみていました。

「事故の話、するといやなんだよね」と言うとうんと小さくうなずいていました。

だからと言ってその話を完全に避けて、何事もなかったように過ごせばいいかと言えば一概にそうとも言えないと思います。
表面的には忘れてしまっても(顕在意識)、人間は意識できない感情を伴った記憶(潜在意識)の方が影響力が大きいと言われています。
大人になってから、理由の分からない不安や何かの恐怖症がでてからセラピーにかかるとものすご~く時間がかかります。(費用も…)

それがどのくらいのトラウマになるかは、本人の性質や出来事のショック度にもよるので何とも言えませんが、早ければ早い方がヒーリングとしては楽です。

子どものヒーリングの過程というのは、端からみていてもすごいなと感動することがあります。

先ほどのC くんも、これは一秒でも早く飲んだ方がいいなと思い、すぐにレスキューレメディの封を開け、口の中に落とすと、笑顔になって軽快に走り出しました。
エネルギーというものを感じるとすれば、ふっとCくんのエネルギーが軽くなるのをあからさまに感じました。

そして、すぐに戻ってくると「それ、持ってていい?」とレメディの瓶を指差しました。

なんて、素直なんだろう~!と感動。
というのも、このレメディは飲むだけではなく手で持ったり、枕の下に入れたりと身近に置くとさらにヒーリング効果が高まると言われているのです。大人だとそう説明して、そのようにしてもらうことがあるのですが、Cくんは説明しなくても自ら使い方を感じて、知っているんです。す、すごい直感的~。

イギリスのレスキュー隊員は、事故などでレメディを飲むことができない時は、患者の額や手首などにつけるそうです。

そして、ポイントとしては当事者だけではなく、ケアをする人も一緒にレメディをとることです。

2年ほど前に、うちのRが自転車事故にあったときもこのレスキューレメディとホメオパシーのアーニカをまず頻繁にとらせました。そして、わたしももちろん、激しく動揺していたのでレスキューレメディを頻繁にとりました。

幸い、大事に至らなかったので病院の検査を終え、次の日、Rのためにレスキュー以外のレメディを選びました。
ダウジングででたレメディは2種類。

一つは、「パイン」という罪悪感に関わるレメディだったので何でこれなんだろう??と首をかしげながらも飲ませてみたら、突然大号泣しながら

「ぼくが気をつけなかったせいで、おかあさんにこんなに心配させちゃってごめん。
もっと気をつければよかった…。」

と言い出しました。なるほど~。事故は自分のせいだと思いこみ、おかあさんをはげしく心配させたことに強い自責の念を感じていたようなのでした。

いつも能天気にみえるので、子どもの心ってけっこう複雑で親でも見間違えることってあるもんだなとしみじみ思いました。知らなかったら落ち着いた頃に「もっと気をつければよかったのに!」と言っていたかもしれません。この件に関しては「あなたの不注意よ」とは言わないことにしようと思いました。自責の念は、とてもやっかいな感情です。

そして、もう一つは「スターオブベツレヘム」これは完全に必要なレメディでこころ、からだ、たましいのトラウマを中和して自己治癒力を回復させるものです。
沖縄では事故をすると「マブイ(たましい)を落とす」というそうですが、まさにおとしたマブイを拾いに行ってきちんと自分の身体にもどす感じです。
だから、事故のあとにどこも悪くないんだけど、ぼーっとして地に足がついてないようなふわふわした感じのときなどは、これかレスキューもしくは両方必要です。

わたしはバッグには必ず、レスキューレメディとアーニカを入れています。
持ち歩くようになって、10年以上何度救われたかという感じです。

最後にコマーシャルになりますが、レスキューレメディは10MLで2376円(レギュラー、プレミアムの方は2200円)です。

使い方や保存方法などはお渡しの際に詳しくご説明しますね!

フラワーエッセンスを選ぶセッションは、わたしの仕事の中でも一番自分を整えるのに気を使います。
目に見えない分野を扱うだけに自分の調子が悪いと全然、選べません。
だから、調子が悪い時は申し訳ないのですがおことわりさせていただくこともあります。

なるべく自分を空っぽにして、選ぶ時にとにかく自分のエゴが入らないように
いい方にもわるい方にも考えないようにしてフラットに保つように気を使います。

先日、友人のなみちゃんが勉強になる記事を紹介してくれました。
森の中の大きな木

「自分の人生の課題から逃げて、自分の癒し方も知らない人に人を癒すことは絶対にできない」という内容なのですが、本当にそうだなと思います。

厳しいですけど、当たり前に厳しい世界でわたしも100%ではないですが、できうる限り自分の調子を整えてのぞみます。

そんな中、昨日のCくんみたいにエネルギーの変化を一緒に目の当たりにさせていただくと
「いいものみせてもらったなぁ~」と本当に感動します。




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック