ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

子どもに伝えたいこと

本日、ブログ2UPです。

誰かとの対話によって自分の考えがまとまったり、そうだったんだ!と自分に気づくことって多いと思います。


実は、いま、幼稚園のお子さんのキッズアロマの希望が10名くらいいらっしゃいます。

1クラスできそうな人数なのですが、今日、何でキッズアロマが小学生からかという話しをした後に、後からなるほどと、自分で自分のやりたいことに気づきました。

生徒さんとの何気ない会話って本当にありがたいです

小学生のお子さんに、アロマテラピーの使い方を教えたいわけではなくて、アロマテラピーを好きになってほしいわけでもなく(なってくれたら嬉しいけど、それは当たり前だけど自由って感じ(笑)


それよりも、いかに自分の身体を大事に扱うか、
そのために食べ物をどう選ぶか、体調の悪い時は何を食べて、何を食べないか、もしくは何も食べないか

なぜ子どもは早く寝るように言われるのか

鼻水がでたり、咳がでたら、自分のための治療法の選択肢があることを知る、それぞれのメリットとデメリット

って幼稚園児向けじゃないでしょう❓(笑)

だから、アロマじゃない話しも多い


幼稚園くらいのお子さんだと、クラフト作りが一番楽しいのかな❓と思うので、おかあさんと一緒につくるのも楽しいと思います




キッズアロマもわたしのライフワークの一つになるのかもしれません。初めは一人、二人の生徒さんから始まって。


ヤスミンも一人の生徒さんから始まりましたからね~


レギュラークラスも、やはり第1期の方たちは一緒にヤスミンを作っていただいた気持ちです。





大人と違って、子どもは想定外のことが起こることもあります。だから、お互いよく知っていて、信頼関係があるレギュラークラス、プレミアムのお子さんが最初は対象になるのかなぁと思います。


対話って、すごいですね。




Lが落書きしてた内蔵の位置がやけにリアル腎臓と膀胱はよくかけてるけど、さすがに副腎はかいてないね。

Lにも、身体のことは口うるさくなっちゃうので、クラスで教えたほうがちゃんと伝えられるかもなぁ~

ということで、キッズアロマはLもご一緒させていただきますのでよろしくお願いします。




オーストラリアのティートゥリーの湖で泳ぐL4歳、幼稚園年中さんだったなぁ。

湖の周りをぐるっと一周ティートゥリーの木が囲んでいて、水がティートゥリーの香りがします。アボリジニの聖地だそう。Lは、その匂いの記憶が強いそうです。ちなみに飲んでみたら、ティートゥリーウォーターの味だったそうです。

オーストラリアの人気アロマブランド、E-conceptionの福島さんに連れて行っていただきました。とっても貴重な体験をたくさんさせていただきました。

いろんなことを形にしていこうと思う一年のしめくくりでした。



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック