ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

サンタさんとの8年

クリスマスが好きすぎて、この時期異様にテンションが高まるLくん。


1歳~7歳までサンタさんが来ると、「☆○△□~!!」みたいなものすごいテンションでした。


いきなり抱きついてみたり(年中)



サンタさんの袋を強引にのぞいてみたり(年長)


さて、8歳の今年はどうなることやら。

クリスマス前にサンタさんから手紙が届きました。




クリスマス前にちょっと風邪気味で、「サンタさんにうつっちゃうから今年は来れないかも…」としょぼんでいたLくん

「小さな友達 Lくんへ」という手紙がツリーの下に届き、何度も何度も読んでいました。


「去年まで手紙は手書きだったのに、サンタさんパソコン買ったのかな

サンタさん、メガ進化してる~

紙質もめっちゃ立派だし…」

とディティールが気になるお年頃。


Lくん、ファンタジエンの住人でしたが、少しずつ人間界になじんできたことを知るクリスマスとなりました。

クリスマスイヴ。

ピンポーン…


インターフォンに映るサンタさんをみて、


「来た

あれ、でも、去年のサンタさんとちが…」

何か言いかけて元気に走って行きました。



最後まで言葉にすることなく、「メリークリスマス!」と元気に挨拶。









いつもがんばっていることをサンタさんに褒めてもらい(毎日、友達と元気に遊んでいてえらいね)

サンタさんに自分でつくったプレゼントをあげました

「サンタさんに会えて嬉しかったよ!」とお礼を告げて、


外まで送り、

「子どもたちへのプレゼント配り、がんばってね

と手をふると、静かにドアを閉めました





365日待っていたサンタさんに会えたことをとっても喜んでいましたが、


ファンタジーの世界から抜け出した、成長したLくんをはっきりと目の当たりにしました。





Lにもとうとうそんな時代がきたか…


サンタさんはいないとか、
そんなことはもちろん言わないけど、

サンタさんは魔法でプレゼントをつくるわけじゃなく、
たくさんの人に愛されてプレゼントが自分のもとにやってくるらしい、


サンタさんへの認識が全く変わったことを感じました。
決して言葉では明言しないけど。



その成長を嬉しさ半分、寂しさ半分、複雑な気持ちで迎えたクリスマスでした。





Lくんが毎年、笑顔になったかげでたくさんの大人も子どもも笑顔になってるからね


遠い国の子どもたちや、
Lが生まれた東北でもね。




そして、この家に住むかぎり、サンタさんは魔法の国からやってきます~

おかあさんはまだファンタジエンの住人だから(笑)


いつかLにあの手紙を渡さなきゃいけない日が来るんだなぁ。

それはとても喜ばしいことです。


あなたも誰かのサンタクロース。
http://www.charity-santa.com


メリークリスマス



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック