ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

多いなる刺激

この点に関しては、Lくんに本当に感謝なのですが、小学校で120人に教えたことが大きな刺激になりました。





子どもたちが、教科書もなく、カリキュラムもなく、好奇心いっぱいでアロマテラピーの世界を目をキラキラさせながら楽しんでくれたこと、そうそうこれこれと思ったのです。



5000年も前にエジプトで使われていたのを想像しながら香ってみたり、薬草を昔はどういう風に使っていたか知り、現代はなぜ西洋薬がメインなんだろうと考えてみたり。


すぐに何かの役に立つ訳ではないのだけれど、ワクワクする未知の世界を一緒に純粋に楽しみました。

そこから、深く広がる世界は10年後かもしれないし、20年後かもしれない。


子どもクラスが、大人クラスへ与えてくれる影響、とても大きいなと思いました。


知識習得クラスとは別に、ただワクワクと楽しむクラス、たましいの栄養だなぁと思います。


昨年から小学生アロマを始め、今年2015年から本腰入れていこうと思った矢先に、Lくんが思わぬギフトをもってきてくれました(断るつもりを受けてよかった)


確かに、習いたいと自分で決めて来てくださる大人クラスと違い、小学校では別な配慮をしました。


最初に、アロマテラピーという言葉を知ってる人を聞いたらクラスで5人くらいでした。

なので、声も大きめでテンションも高くやりましたので、疲れました(笑)


それに比べると大人クラスって楽だなぁ~(笑)



先日、サッカーのお迎えに行ったら、知らなかったおかあさんからアロマを教えてくれた方ですか?と話しかけていただけました。

「最近、子どもが学校の話しを全く話さなかったのに、昨日はアロマテラピーの授業がすごく楽しかったと、何度も話してくれたんですよ~」


と言ってくださり、その子は、もともと自分の身体にすごく興味があったそうで(家族は特にそんな感じではないのに)、将来が楽しみだなぁと心から思いました。


他にも、話したミイラやインフルエンザウイルスの話しをしっかり聞いておかあさんに説明してくれたんです~という子もいました。


子どもの好奇心って無限大ですね。アロマテラピーにもちろん限定せず、きっかけにどんどん世界を広げていってくれたら本当~に嬉しいです。





ここで得たひらめきと学びを、大人クラスへも生かしていけるよう、いろいろと考えています。


そして、これからはLくんが持ってくる話しはなるべく断らないようにしよう。

思えば、彼があわせてくれたこと(メーガンや友人)は、わたしの人生ですごい必要なことばかりだったのです。

彼が生まれたから、ヤスミンをひらくことになったことも含めてです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック