ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

裸の大プリニウス

先日のプレミアムクラスでのお忘れ物にピンクの水筒がありました。お心当たりの方は、ご連絡くださいね

1月から第10期ファーストクラスがスタートしていますが、次は3月から第11期をスタート予定です。


今週は、ハーブケアのアドバンスクラスについて考えていました。


ハーブは、学ぶだけでも楽しいのですが、いざ使おうとすると、手元にない、そろえるのが大変なことがあるんじゃないかなぁと思っています。

家庭の薬箱として、必要なものを全てそろえようと思うとかなり高くなったり、使いきれないと無駄になるし…。

なので、アドバンスの特徴としては、ズバリ、困った時にすぐ使えること

使いやすい形、一番薬効が高くなる形のハーブ(チンキ、カプセル、オイル)をセットにして、クラスでハーブの説明をして、使いたい時にすぐ使える

そして、普段のレギュラークラスでは詳しく説明しないものや、日本ではメジャーじゃないけどよいハーブなどを対象にしたいと思っています。


スリッパリーエルム、キャッツクロー、チェストツリー、アシュワガンダ、当帰、レモンバームなど。


内容的には、メンタルケア、子どものメンタルケア、消化器系、PMS、女性の健康、記憶力など。


なんてことをいろいろ考えていたら、ふと、お店にいた時にさっきまで販売していたハーブが、号外のように入ってきた通達により、すぐ販売中止になったハーブがあったことを思い出しました。

「コンフリー」というハーブなんですが、海外で肝臓への毒性がある成分が見つかったので、念のため、厚生労働省から通達がきたのでした。

もちろん、摂取する量と体質に依存するんですけどね


そういう風に、日本でメジャーになりきれないハーブには、理由がある場合もあります。日本は、新しいものには、念には念を入れるところがありますよね…なぜか、放射能のように利権がからむとスルーされるケースもありますが


コンフリーは、外傷にもよく使われて、骨折の痛みを和らげる、組織の再生を促す抗炎症作用が素晴らしいです。


なので、毒性をぬいたクリームを買ってうちにもおいておこう~、コンフリー、コンフリーと思っていたら…


思いっきり、テーブルの角に手の甲をぶつけて腫れ上がってしまいました




これを、『引き寄せの法則』といいます(笑)

その日は忙しく、腫れたけど痛みはないから放置してたら、夜になってから激しい痛みが


全く心配性ではないだんなさんからも、「その腫れ、尋常じゃないよ…


折れてんじゃないの

と言われる始末…。


またやってしまったんだろうか

と不安になりながら(5年前に、自転車で手根骨を折り、ヘリクリサムとホメオパシーで早期治癒した経験あり…)


鎮痛の精油を塗っても、全く効かず
(痛み物資ができった後に使ってもなかなか効かないので、頭痛も生理痛も、痛みのピークを迎える前に早めにハーブを飲んだり塗ったりすることが大事ですといつもクラスで話すことを思い出す。痛み物資、回収プリーズ…)


ならばと、クレイ。



本当は、ピンクじゃない方が効きますが、探す余力なし


びっくりするくらい、痛みも腫れもひきました。





これは、神さまが、アドバンスクラスにはクレイも入れなさいってことだなぁと、まとめました(笑)




やっぱり、すぐ手元にあるって大事だなぁと再認識。なかったら、病院行ってたかもというくらいの、腫れでした。

やっぱり、ハーブっておもしろい(今回、あんまりハーブと関係ないけど(笑)

ハーブ図鑑を読む向かい側で、プリニウス(自然の大図鑑、博物誌を書いたローマ時代の人)の漫画を読むLくん。

【注】プリニウスの漫画、植物や歴史の話しがおもしろいんだけど、娼婦の話しや暴君ネロの話しも多いので、子ども向けではありません

全部読んじゃったけど、Lくん…。なぜ、やたら裸なんだ?と言ってたけど、古代ギリシャのオリンピックも当初は全裸だったから、そういう文化かな?と話しました。近からず、遠からず…。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック