ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

pray for 3.11 2016

今日は、チャリティイベントでした。

寒い中、足を運んでくださり、
また、電車で1時間以上かけてくださった方、
お忙しい中、お仕事の後にかけつけてくださった方、
本当にありがとうございました。


わたしも、とてもあたたかい気持ちにさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

また、他の日にご参加くださる方や
参加できないけど支援金をお預かりさせていただいている分も
しっかり届けさせていただきたいと思っています。


皆さんからいただいた支援のお気持ちがどのように届いているか、
ハタチ基金から定期的に報告書をいただいております。




今回、報告書でいただいたのは宮城県石巻の高校生。
震災当時は小学生だったAくんは、弟と2人、
体育館でおとうさん、おかあさんを待っていましたが、
おかあさんは亡くなってしまいました。
お父さんは無事でしたが、震災の影響で職を失ってしまったそうです。



「研究者になりたい」
そう夢をもって、勉強をしていましたが、塾に行く経済的な余裕がありませんでした。

そこで、このハタチ基金から「学校外教育バウチャー」を受け取り、審査を受け、
支援をもらうことができました。
(5年たった現在、支援金が激減しているそうで、被災によって貧困家庭となった子どもはまだまだ多いけれど、受けられる子どもがかなり少なくなっているそうです)

そして、毎日夜10時まで猛勉強し、無事合格することができたそうです。
研究者になる夢、
もちろん途中で夢が変わっても、
夢を叶えてほしい、ずっと応援しています。

「子どもたちが夢を諦めてしまう前に、一人でも多くの子どもたちに支援を届け、
彼ら、彼女らが無事にハタチを迎えられるよう、継続的に見守り続けたい」
そう、報告書にはつづられてあります。


具体的な活動は、塾、予備校へ通う事へのサポート、
津波の被害が大きく学習環境がない子どもたちへの場所の提供、
保育所のサポート、
障がいのある子どもたちへのサポート、
ストレスを強く感じている子どもへのメンタルサポート
に使ってくださっているそうです。


今日は、オーラスプレーつくり、エプソムバスソルトつくり、バスボムの販売などさせていただきました。




バスボムは息子が作ってくれたので、少々不恰好でしたが

食品グレードの重曹を使い、ピンククレイで桜色にいろづけました。

息子がブレンドしたのは、ヒノキをメインにしたいということで、ローズウッド木部、ローズウッド葉、リツエアクベバ、レモングラスでした。

日本人の心とも言えるヒノキを使いたいというアイディアにはなるほどと思いました。



皆さんが1つ、3つと買ってくださったのですが、
少し多めに数は適当に作ったのが、ぴったり売り切れました。

足りないこともなく、余ることもなく、ちょうどぴったりでした。

何か見守ってくれる存在があったのかなと思うくらい、
うまく説明できませんが、
今日は何もかもがぴったりでした。

皆さんのやさしいあたたかい気持ちがしっかりと天にも届いたようです。












Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック