ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

おおさか、奈良、京都の旅③

まだ続いてたって気もするけれど(笑)

帰ってきてから2週間と、だいぶ、たってしまったけれど、続き…。


おおさかから普通電車で約1時間、京都へ。


ガイドブックも下調べもゼロで、20年ぶり


とりあえず、昨日聞いたうどん屋さん。

世界で京都と言えばの代名詞になっている、赤い鳥居が連なる稲荷伏見の近くらしい。


目的地は、稲荷伏見に決定


バス停はさすがに、ワールドワイドなほぼ外国人の皆さんがわんさか行列。

すると…

「あのバスでも行けるんじゃない」という、同じ行先のガラガラのバスが到着


空いててラッキーと走り出して、すぐに気づきましたね…


あの外国人の皆さんがこれに乗らなかった訳を。


そう、行先が同じでも、何番系統というのが違うので、ルートが違う。


つまり、稲荷伏見は通らないということを…。

さすが、ワールドトラベラーは違うわ
誰一人、他に間違えて乗ってきませんでした。


しばらく、どこに向かうかも分からずぼーっと乗っていましたら、


1組だけ乗っていた観光客っぽい家族の人が降ります、ボタンを押したので、とりあえず一緒に降りてみました


何の変哲もない道をその人たちに勝手について歩いていくと



東寺。

世界遺産、発見。

わたしをナビゲイトしてくれたご家族の皆さんは、どこか別のところに向かうようでしたが、

わたしはここでお別れして、五重塔をみることにしました。



しかも、ラッキーなことにたまたま中をご開帳していて、普段見れないところが見れるとか。


朝早いからか、広く静かな東寺の中を散策するのが、すご~く気持ち良かったです。



女子一人旅、おしゃれしたハイヒールが歩きづらいけど。


細かいじゃりが挟まります。


教訓2. 奈良は鹿ふん対策、京都はじゃり対策でスニーカーで行くべし



響くのは、じゃりを踏みしめる音、

鳥の鳴き声、

咲き始めた、早咲きの桜や梅…


東寺、最高

京都は全く詳しくありませんが、オススメです。

歩き疲れると、茶処が。


抹茶と生菓子と、黒文字の楊枝。

千利休が愛した、黒文字のかおりが蘇るようでした。


世界遺産の阿弥陀仏や仏像をゆっくり時間をかけてみて、

小さい頃からお寺が好きで、仏像を彫刻していた小学時代、みうらじゅんさんに傾倒した中学時代を思い出し、

今年また、京都に来れますようにとお祈りして、東寺を後にしました。




さて、駅に戻って、稲荷伏見と


バスに乗ったら、






まさかの大まわり…


またやってしまった
駅には戻るけど、反対方向、
ぐるーーっと、観光地を転々として、最後に戻るというルートでした。

反対方向に乗れば、駅まで10分だったんだけどね…。


さすがにこのおっちょこちょいぶりを何とかしたいと、切に願った瞬間でした。


仕方ないので、ルートを検索すると、三十三間堂を通るらしい。


仏像がずらりと並んで、あなたに似た顔が必ずある…という、それを観に行こうと決めて、



今度は間違わずに降りれました



しかし、ふと前をみると

国立京都博物館が。

ふらふらっと吸い込まれるように、中に入ってしまいました。

少しだけみて、三十三間堂へ行こう…。


中に入ってみると、何と展示が「日本の香文化」だったのです♡

かなり貴重な平安時代の香炉、香道の歴史、貴重な天然の伽羅などの天然木、薬として使われてきた香りの歴史


少しは見たことがあるけど、という貴重な一品がずら~っと並んでいました。


さすが、国立京都博物館…。

少し見るつもりが、あまりの濃度の濃さに結局4時間くらい、滞在していました…。


あまりの空腹にふらふらになってミュージアムカフェに。


ミュージアムカフェは大好きでよく行くんだけど、ここはハイアットリージェンシーKyotoでした。


マッシュルームスープとコーヒーが同じに見える(笑)


行こうと思ったところには結局どこにも行けなかったけど

教訓3. 感じるままに動いたら、頭で考えるより、もっといいところに、たどり着くことができる…時もある

戦略的に考えた方が確実にすすむこともある…ケースバイケース(笑)


これが一般社会だったら、一般の会社だったら、ミス連発のダメな人くらいな位置づけになりそうだけど


この話をヤスミンでしたら、
「導かれてますね~
ってみんな言ってくれそうな気がして
物事って何でも取りようだなとしみじみ思いました。



ぼんやりと欲しいと思っていた、天然白檀のお香も買えました。


帰ってきて、やたら見るのがゾロ目でした。

4444円とか、

777円とか。



いろんな生き方があるけど

自分らしく生きるにはちょっとしたコツがあると感じた旅でした。


長らくのおつきあい、
一緒にたましいジャーニーしてくださってありがとうございました

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック