ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

日本の森

以前、働いていたお店つながりの樋渡さんのブログで
新しい日本のアロマのご紹介があるということを知りイベントで新宿に行ってきました。
樋渡さんはセラピストでありながら、ホメオパシーも学んだ方で
人柄的にも素晴らしい~方なのでいつかヤスミン教室でもご紹介できればと企画中です。
ドイツやギリシャ、インドなどで学ばれた経験をお持ちの方です。

オークヴィレッジで行われた「日本の森から生まれたアロマ」

まず、ムエットで6種類の香りを楽しみました。
こういう風に香りを楽しむ時はやはり目をつぶって視覚をシャットアウトした方が
香りに入り込めます。
やはりどこかで香ったことがある香り・・・と感じるのは
日本の森から生まれた精油だからでしょうか?
それと外国産の精油の嗅ぎ比べをしました。

国産精油というと、ゆずや月桃、北海道モミ(正確にいうとモミではないそう)くらいの経験でしたが
今日は、黒文字や水目桜、匂辛夷(においこぶし)、山椒というめずらしい精油の体験もできました。
中にはまだ世界でも数十人くらいしか香ったことのないできたばかりの精油もあったそうで
貴重な香体験でした。

その中でも気になったのは、黒文字。
最初ブラインドテストで香った第一印象は
「ローズウッドに似てるなぁ」
そして、第一印象はいいけど後味がちょっとくどい・・・と感じてしまいました。
でも一般受けしそうな香りだな、とも思いました。
わたしの個人的な香りの感想でしたが、今日の出席者の方はみんな
「いい香り~」とおっしゃっていました。
そして後からガスクロマトグラフィーという分析結果を見て納得。
ローズウッドと比較して明らかに波が多く成分が複雑なのです。
自分がいかに普段ローズウッドに慣れ親しんでいたかが分かりました。

今日お話しいただいたのはオークヴィレッジの代表でもあり
森の惑星―循環と再生へ 世界の森を旅する の著者でもある稲本正さんです。
セミナー終了後にお話しさせていただきましたが、
子どもたちとママのためのアロマテラピー教室を主宰していると名刺をお渡しさせていただいたところ
日本のアロマの精油の蒸留ツアーを組んでもいいですよ、とお話してくださいました。
夢が広がる~^^
森をこわさずに植物の恩恵をいただく方法を考えていきたいですね。

こんな素敵なイベントをブログで教えてくださった樋渡さん、ありがとう~。

そして、終了後、ぼーっと店内を歩いていると
「ヤマネちゃん!!」とどこからともなく声が・・・。
何と以前お世話になったお店のマネージャーの方とばったり。
これまた嬉しい再会でした。

今日の精油ブランドは
yuica

日本の精油、身体に奥深く入っていく感じがします。


そして、パパも上海出張のため
理杜は仙台からきたじいちゃんばあちゃんとお留守番。
大福やおもちゃなど買ってもらってお店で
「今日はいい日だなぁ~♪」と連発して
お店で大爆笑されたそうです。

理(ことわり)・・・自然の理法。
杜・・・森とほぼ同じ意味で使用する

を漢字にもつりとさん。いつかたくさんの子どもたちと一緒に森に芳香蒸留に出かけましょう。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ