ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

passion

日本で初めて開催されているLiddle kidz協会のティナ先生から
医療介入を必要とする子どもたちへ小児ケア指導者講座を受けています。

今日は、教室に入った瞬間に
何か分からないけど今日のクラスすごい・・・と
無条件に感じました。

マッサージクラスなので、皆さん着飾っているわけではなく
ジャージのかっこうなのですが(わたしも)
そういう意味ではなくあ~今日、すごいクラスだ、きっとと。

主宰は2000人以上のヨガインストラクターを指導してきたというあいさん。
メールで何度かやりとりをさせていただいたのですが、
お初におめにかかれて思った通りの、いや予想以上の素敵なかたでした、やはり。
またもや、ブログ見てます~と何度も言われてあたふた(笑)

生徒さんは20人くらい。
何と言っても日本初の講座なので、北は北海道、南は広島、滋賀など
全国からいらっしゃっていました。
こういう講座なので、NICUで働く看護婦さん、子ども病院の看護婦さん、
自然療法をとりいれている歯医者さんなど濃い~メンバーでした。
日本では、医療従事者の資格をもたないと入院中の子どもたちにさわることは
できないので、わたしはそのおかあさんにケアの仕方を教える形になります。
(これからの活動ですが)

9時から17時くらいの授業&実技ですが、あっという間でした。
ハンディキャップをもつ子ども、入院中の子どもへ与える
神経系、ホルモン系への影響、
ティナ先生の14年にも渡る活動の濃縮エキスが聞けてすごい経験でした。

「I'ts my passion,

あらゆる子どもたちにマッサージを

 for my whole life」(って言ってたはず)


という思いで協会を設立されたそうです。

本来ならもっともタッチを必要とする子どもたち、
HIV、終末ケアの子どもたちが実際にはさわらないようにと
されている現実。
そのためにもっと学ぶ必要があるのです。


そして、ティナ先生のフィロソフィー。
子どもを本当に尊重する。
話だけでなく、言葉や行動の全てにあらわれていました。


タッチケアをすることによって、入院期間がみじかくなったり
投薬量がかなり減るケースも少なくないそうです。
特別なケアを必要とする子どもたちももちろん、
日常の子どもの心身のケアに使えそうなタッチがたくさんでした。
これからいかに自分で学びを続け、
自分の中におとしこめるか、
新しいチャンスをもらいました。

講座が終了後、
代表の方や一緒に学んでいる方たち、そしてティナとダンナさま、ティナのお子さんと
ごはんを食べに行きました。

ラッキーなことにティナの近くに座れたので
直接ティナとだんなさまとたくさんお話ができました。
ティナはロサンジェルス出身ということもあり
英語が非常に聞きとりやすく、助かりました。
世界でこの指導者養成のクラスを開催してるので分かりやすい英語で話してるのだと
思うけど。
ティナはネイティブアメリカンの子孫だそうで、
最近偶然にネイティブアメリカンの本を3冊読んだばかりだったので
そんな話でももりあがりました。
そうしたら、代表のあいさんと全く同じ本をここ最近で読んでたことも分かりました。
最近、こんなシンクロばかり。

ティナのだんなさんもまぁ筆舌につくしがたいくらいいい方で、
ピースフルなヒッピーの方でした。

世界的なボランティアグループを組織するから、参加する?
と聞かれたので
「I'd love to」
考えてみたら、本当に世界のどこにでも行けるんだよね~。
まぁ、りとにもちょうどいい経験かも。

ティナのこどものオーちゃん(1歳半)がカレーについてた福神漬を
食べまくるのでびっくり。
ティナもだんなさんも
「I'ts ジンジャー、ジンジャー、ジンジャー」と10連発するので
またここでもジンジャーだよ(笑)
そもそも、わたしのジンジャーはこの講座を見つけた日から
始まったので、ここにつながったのでした(笑)


帰る時にティナがかなり強くハグしてくれて、
ティナの情熱とエネルギーをしっかり感じました。

そうそう、講座の最中ずっと、ティナの後ろに残像がついてまわって
それが気になってしょうがなかったのだけど、
後ろが白い壁ではっきりと何だろうと。
あれがオーラでしょうね。初めて分かりました。
ティナのだけ分かりました。


仙台のじじばばにりとを預けて
この豊かな講座を受けることができ、
帰ってきたらめずらしくりとが起きてたのでラッキー。
そしてリトも
「背中やって~」と言うので
しっかり今日の復習もさせてもらいました。
背中に手をおいただけで半目になってすぐ寝てしまいましたが。


とてもとてもありがたいことにヤスミンに来てくださっている生徒さんで
「今までアロマを学ぶ機会はあったのに、学ばずにいたのは
 ここに来るために今まで学ばなかったんだなぁって分かりました」
と言ってくださったことがあって、

わたしもティナに会うためにベビーマッサージは学ばなかったんだな、
と思いました。
今年は、小児ケアですが、来年はベビーマッサージをティナからだったら
学びたいと思いました。

ベビーは自分でも経験していて、ちらりと教室には通ったこともあったのだけど、
教えるというモチベーションはあがらなくて、
ティナのフィロソフィー(子どもを本当の意味で尊重するやり方)と
技術と経験からは絶対学びたいと感じました。


今日の講座は、Expecting motherクラスの時にも生かせそうです。
明日も講座、行ってきま~す。



Comment

passion伝わりました☆ 

ティナさんの、それからヤスミンさんのpassionがブログを通じて伝わってきて、過去に自身が体験して感じた感動などもよみがえってきてパワーがわいてきました☆
必要な時に必要な出会いがあるんですよね。
アロマずっと好きで、友人の誕生日プレゼントや出産祝いにもいつもアロマグッズを贈っていたくらいなのに、なぜか習わなかったのは、ヤスミン先生に出会うため。
焦らなくてもふさわしい時期にふさわしい事は起るんだーって最近感じます☆
ヤスミンさんが20代のころ、働いてはしょっちゅう海外に行ってらしたというのも、今後の世界的なボランティア活動につながるのでしょうね♪
いつも分かち合ってくださってありがとうございます☆
  • posted by sunja 
  • URL 
  • 2010.06/29 13:55分 
  • [Edit]

sunjaさん 

こんにちは^^コメントありがとうございます!
この暑さですが、熱い情熱が伝わってよかったです(笑)

本当に時期ってありますよね~。
あせってもあせらなくても必要な時期にしか必要なことは起こらないというか。

わたしも10代~20代で放浪の旅にでていたのが、こういう風につながってきたのだなぁとまさに同じことを感じていました。

こちらこそいつもありがとうございます!
  • posted by ヤスミン 
  • URL 
  • 2010.07/01 11:07分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ