ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

にじのたね

nijinotane.jpg

先日、上野水上音楽堂で行われた親子フェスタ「にじのたね」に
行ってきました。
親子で音楽を楽しめ、アーティスティックな祭典でした。

その日は、午前中からU子さん&SORAくんと一緒に上野動物園で
楽しんだ後に、蓮池で蓮をながめながら会場に向かいました。
途中、弁天さまにお参りをして。

会場は、バルーンアーティストの方によって、美しい風船で飾られていました。
出店には、からだにやさしいおやつや、オーガニックトマト、
シソジュースなどが並んでどれも美味しそう。
そして、我らが(笑)うたちゃんのお菓子のお店も。
3か月の頃からうたちゃんのカフェに通っていたりとは
うたちゃんを見ると、オレの女だ!ばりに
「うた~!」と叫ぶ(笑)
せめて、ちゃんづけを・・・、プリーズ。

せいぜい17時くらいまでしかもたないだろうと思っていたら、
子どもたちにとっても楽しいフェスタだったらしく、
結局ラストの21時近くまでいました。

シュタイナーのオイリュトミーや朗読、カポエラなど
どれも楽しめる舞台でした。
カポエラという格闘技のようなダンスでは、子どもたちも舞台に
あがって一緒に踊っていいということだったので
りともSORAくんも大喜びで舞台上にあがっていきました。
知らなかった、子どもたちがあんなに舞台好きとは(笑)

かわいい生地で即興で腕輪やかんむりをつくってくれる音楽家の方や
あたたかく見守ってくれる大人たちに囲まれて
子どもたちは本当に自由に過ごしていました。

お腹がすくと、「オーガニックプチトマトすくい」をして甘く冷えたトマトを食べ、
からだにやさしい手作りの野菜パンを食べ、
夕方になりお月さまがでても、音楽とともに遊ぶ夏の夜。

こんな思い出、うらやましいぞ~(笑)
東京ならではだなぁと思いました。
わたしは、田舎で野山をかけめぐって育ったので
東京っ子のりとが不憫だなぁと思うことがありましたが、
こういう楽しみ方は都会ならでは。
子ども用のアコーディオンをひいたり、
フランス人のお兄さんと身振り手振りで話をしたり、
していたようです。

ラストを飾ったのは、以前、OHANACAFEでリーディングなどをされていた
桂さん。
アイヌの歌、この場所に感謝をささげるうたやこどもたちと一緒に歌えるうたを
ハープを弾きながら歌ってくれました(写真参照)
子どもたちは谷中のサークルの子たちがうたっていたのですが、
りとやSORAくんも勝手に混じって歌ってました(笑)

桂さんはこの日、わたしが試作で作ってつけていたおとめ座の新月の香水を
(ジャスミン、ライムなど)
「すごい、いい香り~」ととっても気に入ってくれて
何回もつけてくれました。
そして、最後には舞台につけてあがってくれて、
まさに夏の夜の香り、ジャスミンのようにとても華やかで素晴らしい歌声を
聞かせてくれました。

またひとつ、ジャスミンの香りの思い出が増えました。

この香水は、9月8日の新月ワークでつくりますので、お楽しみに・・・^^



本当は、夏休みはりとを保育園に預けて仕事をする予定でした。
もう健康診断まで受け、あとは行くだけだったのですが
ひょんなことから、まったりと夏休みを過ごすことに。

その分、りととは濃密な時間を過ごしました(笑)
2人で真っ黒になって、いろいろなところに行ったり
一緒に料理を作ってみたり。

りとは、わかめと豆腐の味噌汁つくりにはまり、
自分でつくった日は3杯もおかわりしてみたり。
豆腐はみじんぎり、わかめは妙に長いのですが美味しいらしい。

大人用の包丁を持つ手はおぼつかず、
「指、気をつけて~!!」と100回くらい言ってる間に
あやうく、わたしの右指を切られるところでした!
危ない・・・。
子どもとお料理をするときは、子ども自身だけではなく
自分の身も守らなくてはなりません。

やりたい仕事、勉強したいことが山ほどあったので
夏休みはいらない~と思っていたのですが、
終わってみると、夏休み万歳!
夏休み、サイコウです。
今後は休みは長くとり、じっくり楽しむことに決めました(笑)





Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック