ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

がんばっぺ

東北自動車道が再開し、先週金曜日からヤマト宅急便が仙台地方などへの
荷物の宅配が可能になりました。
金曜日のお昼に出した荷物は、翌日仙台に朝8時に届いたようです。
感謝、感謝です。

避難所にいる方への支援物資はもちろんですが、
市内でもまだ流通が安定していませんので地域によっては
2~3時間東北の氷点下の中、並んだり
買い物も5品まで、など品数制限があるところもあるようです。
徐々に緩和されてくるとは思いますが、
お年寄りの方や体調のすぐれない方、小さいお子さん連れの方には
大変な状況だそうです。

実家や友人の家に野菜をメインにお味噌やお米など
段ボールで数箱送ると、地域コミュニティが密着な東北では
近所で配ったり、炊き出しに使ったりしてくれるので
助かります。
東京ではお米が手に入りませんでしたので、旦那さんの実家の
山口に来て送っています。

今まで当たり前と思っていた野菜や食料を送ったことで
「震災後、こんなに嬉しい気持ちになることはなかった」と
言ってくださる声が聞こえ私自身も救われました。

今日のニュースにもなっていましたが
やはり震災後、ニュースなどをみて体調を崩されたり
睡眠に支障がでた方が少なくないそうです。
生徒さんからも、自分だけが普通の生活をしている罪悪感や
何からしたらよいのかという焦燥感を感じるというお話も
何人かの方からお聞きしました。

最近思うのは、人にはそれぞれ役割があって
いま、おなかの中で赤ちゃんを育てている人は
なるべくこころおだやかに未来の人を育てるのが大切な役割、
小さい子どもを育ててるママは子どもと向き合う役割、
それでもみんなが一生懸命向き合っているこの現実で
こころをひとつにしていると感じます。
その中でできることを少しずつでも続けていくことが
できたらいいなぁと思います。

わたしも続けていきたいと思います。

今週は、山口県祝島に渡ろうと思っています。
山口は旦那さんの実家があるところです。
もう30年近く原発反対運動を行っていて
工事がすすんだり、中止になったりを繰り返しているところです。
そして、この最中にも山口県知事が工事は中止しない、
つまり新しい原発を漁業がメインの美しい島に作ろうとしています。

なぜ、いま原発に反対かと思う方もいらっしゃると思いますが
わたしは今だと思っています。
本を数冊読んだり、信用のおける専門家のメッセージをいくつも読みました。
わたしは今こそと思っています。

りとのチャリティサンタさんのボランティアを通して
知り合うことができた仙台代表の女の子が福島にいます。
彼女に会わなかったら、こんな活動をしようとは思わなかったと思います。


わたしは最近、寝る前にブレンドオイルにタイトルをつけています。
「がんばっぺ 気仙沼」
ライム、ジャスミン、レモンマートル他
「がんばっぺ 福島」
ネロリ、メリッサ、サンダルウッド他

このブレンドオイルで自分自身に塗布した後
気持ちを落ち着かせ、
気仙沼、福島の人たちと手をつないで笑っているイメージを思い描きます。
すごく気持ちが落ち着きます。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック