ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

パックマン

エキナセア、一口に言っても9種類ほどあり、メディカルとしての有用差があります。ドイツでは、医薬品として認可されたものもあります(うちで扱ってます。日本では食品扱いですが、中身は同じです)

免疫サポート…具体的に言うと、一人一人違う役割をもった免疫チームのメンバー全員を励ましてくれます。「全員野球してこうぜ」って感じです。マクロファージ(大食細胞)の活性化が一番言われますが、ライトもレフトも気を抜くなよと、免疫チーム一人一人を励ましてくれます。リンパ球も殺し屋細胞も刺激してくれます。マクロファージは、わたしの中でパックマンのイメージ(実際はアメーバ状)。




エキナセアは、予防でも使えるのですが、それでもかかるときはかかっちゃうので、かかった場合、症状の緩和と治癒までの日数を短くしてくれます。りとの回復が早かったのもエキナセアのおかげだと思います。

もし、エキナセアやオルタナティブメディスン(漢方)を使えるなら、特に小さい子どものドラッグリスクを回避したり、身体への負担は少なくなると思います。その場合、病院で診察を受けて、薬を飲まなかった場合のリスクは何か?とお医者さんに聞く必要はあると思います。今回、わたしも聞きましたら、回復に時間がかかるだけと言われました。ケースバイケースですね。

わたしも昨日の午後から発熱しました。エキナセアとエルダーをがぶ飲みしたのですが、すごく身体が楽でした。熱はあるものの、関節の痛みやつらい咳がないので気分も楽でした。本を読んで、お風呂も入れるくらい。そして、今朝になって、平熱にもどりました。気分もいいです。

10年以上前にインフルにかかった時はハーブなしで病院にかかって薬を飲みましたが、腰痛、関節痛がひどく、痰が絡んだ咳が長引いて辛かったですそれに比べると、ハーブと精油を使うとこんなに楽なのかと驚きました。


今まではマニュアルでインフルエンザの時はこう使うと知ってましたが、初めて自分で使うことによって、なるほどと実感。症状の緩和に感動しました。


りとが、本を読んでと来たので、エルダーについては、また次回かきます

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック