ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

アレルギー①

先日、仙台に帰った時にいつものごとく、りとを預けて外出していた時、おばあちゃんがスーパーに連れて行ったそうです。「好きなお菓子買ってあげるこれなんかどう?」とあるお菓子をすすめたら、裏面をみて、「アステルパーム入ってるから違うのがいいアステルパームはね…」とお菓子売り場でしばらく7歳児にレクチャーを受けたと、おばあちゃん大ウケしてました。でも、勉強になったそうです(笑)



熱心にこのブログを読んでるおじいちゃんにサービスショット。


iPhoneからなので、長く書けないのですがいつも、こういう症状の時はどうすればいいですか?と聞かれると、できる限りその人のためになる方法って何かなと考えます。

一番多い、子どもの鼻炎や中耳炎は、まず乳製品チェックから。というのも、やっぱり乳の隠れアレルギー、遅延型アレルギーは多いです。そういう方が、いくらハーブサプリや精油で一時的に楽になっても、また症状が戻ってきます。鼻炎持ちの子ども、粘液カタル症状が多い子どもは、ほとんど隠れアレだそうです。IgG検査をすると。皮膚や下痢など表だった症状はでないんだそうです。

かと言って、IgGアレルギーテストはやっぱり高い。だから、一時的に完全にやめて、どのくらい楽になるかみるのがただでできるチェック法の一つだと思います。

とはいえ、世の中、「絶対」はないと思うので、できうる限りいろんな可能性を探るのがいいかなと思います。


一時的な不調にハーブやアロマケアを使うのはすごく有意義だと思いますが、それをずっと使わなきゃ楽にならない状態というのは、ある意味とっても不自由なことだと思うからです。


昨日のクラス、終了後に、「情報量多かった!復習しなきゃ!」と皆さん、言われてたので、大事なところをちょっと書いてみました。


あと、もう一つ、関わってくるかもしれない、グルテン不耐症を次にアップします。

一度帰りますそういえば、今日、用事で新宿に行ったので伊勢丹のB2に行ったのですが、ほとんど近くのボンラスで買えるものだったので、手ぶらで帰ってきました大泉バンザイ(笑)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック