ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

江ノ島アゲイン

2回目のお泊まりナイトツアーに行ってきました。


えのすいで一番好きなところ。


受付のぼってすぐの海が見える窓。


ナイトツアー受付



寝る場所をくじで決めます。前回、うっかり中華街で遊びすぎて、最後の受付になり、くじ引きひくのビリでしたその教訓を生かし、今回は早めに到着。

リトが、一番いいのひくからね!と言ってひいたのが、8番でした。45組くらい?いたはずなのでまあまあかな。



満潮で海もあれてたので、すいてる海で遊び


いざ出陣

今日のテーマは、話題の深海。

前回のイルカより、年齢層が高い気がしました。

担当のトリーターの方は、深海2000に乗ったこともあるそう。


何となく申し込んでみたのですが

深海、めっちゃおもしろかった

というより、難しいことを子どもやシロウトにも分かりやすく、かつ飽きさせずに話す、えのすいのトリーターの方の技術がすごい。

リトは実験で当ててもらい、水圧をかける機械をやらせてもらいました。



この後、懐中電灯を持って、館内を探検するのですが、ここにくる子どもたち、みんな水族館マニアで、でる質問がすごいりとも、図鑑を4冊+海の本を数冊すみからすみまで読んでるので、こんな細かいこと覚えてるんだとびっくり、そして質問の内容もわたしにはちんぷんかんでした。その熱心さを学校の勉強にも生かしてくれればいいのですが(笑)

折をみて、ちょこちょこ海洋のプロに質問してました。本当に何にでもすぐに詳しく答えてくれてすごい。どんなボールも満塁ホームランで返してくれます。


原発事故後すぐから、海の汚染の深刻さについてはずーっと言われていて、今頃になって、やっぱりもれてました、少し…なんて言ってますが…

わたし、一つ信じていることがあって、震災後すぐにバシャールが言ってたこと。
「今の子どもたちが、原発を収束させる技術を開発する力を持っている」ということなんです。だから、子どものいう事をばかげてるとか無理だとか言わずに聞いておいた方がいいということも言っていました。


解決するまではできる限り、自衛でしょうか。


今回、水族館で会った子どもたちもみんなマニアックである意味偏っているのかもしれないけど、本当に未来を変える力を持っているんでしょうね。子どもたちみんな、それぞれの好きな分野で、いろんな力をあわせてわたしたちが思いもつかないようなことをするんじゃないかなぁと思います。


さて、寝る場所は、大水槽前。
はじっこでいい場所がとれました。寝転ぶとこんな景色。



床にビニールシートを張って、薄い寝袋なので、床は固いです。前回は、慣れなかったせいか、あまり寝れませんでしたが、今回は、深海クッションを枕にしたら、みんなが起きて準備してるのに気づかないくらい寝れました。


これで寝ると、深海の夢が見れるそう。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック