ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

脱出

最近、書こうと思うとシリキレトンボになり、なかなかブログをアップできずにおりました。

今日は、ファーストクラス。ピックアップ精油として、マージョラムとスイートオレンジをとりあげました。秋のバスタイムにぴったり

何か今日は、自分らしい一日でした。13日の金曜日


夏休み明けて、びっくりしたのは、リトが運動会のリレー選手に選ばれたこと。


なぜびっくりしたかって、彼はわたしに似て、あまり運動神経がよろしくないのです…

選出する日の朝に、

「リレー選手になりたいんだけど、どうすればいい?」って聞かれて、

「とりあえず…前向いて走ったら?」

と言ってそのまま、すっかり忘れていたら、帰ってきて、なったと。超ダークホース。

自分ではなれると思ってたの?と聞いたら、初めは無理だと思うんだけど、目をつぶって瞑想してると、なれると思える瞬間がくるから、そのまま、時速300キロで走るイメージをしたまま走ったそう。夏休みに乗った新幹線ハヤブサ?

タイムで競って、だんだん人数がしぼられて4回くらい走るので、最後は強豪揃い。なので、ラストの瞑想では、300キロでは間に合わないから、リニアモーターカーをイメージングしたそうです。

友達には、

「…何でおまえ、走る前、寝てんの?」

と聞かれたそう。

しかも、リトはとても、緊張しぃなので、走る前は膝がガクガクしちゃったらしいやはり、最後まで残った友達に

「おまえ、変わってるよな~。オレは、緊張していつもより走れなかった」

とも言われたらしい。

この話しを聞いて、わたしがいかにリトに対して思い込みを持っていたか(運動神経が悪いから、ないでしょうとすっかり思いこんでいた)ということに気づきました。大人もそうですが、制限をはずせばできることはもっとあるんですね。一番むずかしいのは、自分に対する思い込み、おかあさんだったら、子どもに対する思い込みだなぁと思いました。

リトは、わたしに似て小柄なので、同じクラスの男子をみるとでかいし、サッカーで毎日鍛えてますみたいないい~体格をしてる子もいるので、わたしはまず、「なりたい」と思ったことが一番えらいなぁと思いました。

彼の瞑想、全く教えたつもりはないのですが、朝起きるとおかあさんが暗い中、瞑想してたり、マンダラとなえてたりするのが印象に残ってたのか(あんまり、外では言わないでね!)

とはいえ、将来、カルトにはまっても困るので、人間の使ってない能力、潜在意識については、一言二言なるべく科学的に話したつもりだったけど、よく覚えてたみたい。下手なこと、言えないですね…。


実は、去年の運動会でも、練習では一回も一番になれたことがないのに、当日、走る前に自分が一番になれるイメージングをして、一番になったそう。学校の作文でそのことを長々と書いてました(笑)

たぶん、何も余計なことを考えず、これで何とかと欲を出し過ぎずにイメージングするのがいいんでしょうね。


だんなさんが、「じゃ、練習しなきゃな!」とはりきって言ってたので、いや、今から走りこんでも急に早く走れることはないから、むしろけがしないように、身体をゆるめた方がいいと思うと言いました。

いま、プレミアムに在籍してくださっているゆうこさんは、ゆる体操の先生なので、いろいろ聞いてみたら、なるほど運動をする人ほど、力を出し切るために身体をゆるめるのが大切ですね。運動生理学に基づいたゆる体操、おすすめです。


そんな感じで、今月は、プレミアムのテーマが子どもの教育なので、あれこれネタを考えてます(笑)


夏休み、一緒に過ごして

「何回、言ったら分かるの~!」と思うことがいつもながらあり、これは無駄だと思ったので、ロジカルシンキングの本を数冊読み、何か言いたいことがある時にその本をチラ見しながら言うと、伝わる確立があがりました。

相手は子どもだからと思わずに、大切なディスカッションの場だと思い、時間をキッチンタイマーではかりながら、5分で話すようにしました。イライラせず、しかも、伝わりやすかったので、今までは、自分の言い方も悪かったんだなと分かりました。

なので、この話にする予定です。参考文献のコピーと貸出もしまーす。

皆さんのお話しも楽しみにしていますね。みんなでディスカッションすることで、意外なものがみえてくると思います。




今日、初めて太陽系を脱出した映像がみれましたね。宇宙は広い…。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック