ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

365日好きなもの

「今年のクリスマスは、25日で終わらない…」ということで、チャリティーサンタさんを応援するため、渋谷でustreamというネットのテレビに出演してきました。




前日には、6年間来てもらったチャリティーサンタさんの歴史をたどってみました。

初めて、サンタさんが来てくれたとき、うちのRくん(ustreamでこの名前で登場)は2歳。

覚えたての言葉で「サンタさん、サンタさん!!!」と言ってジャンピング、ジャンピングしていたという当時の日記を読んで、ちょっと目頭があつくなりました。
大きくなったなぁ。

毎年毎年、来てもらっているとサンタさんに対応する子どもの反応で成長の度合いを感じます。

1年目→よく分からないけどおもちゃもらえた
2年目→おもちゃくれるやさしい人らしい
3年目→もうちょっと話してみたい
4年目→だっこしてもらおう
5年目→自分も何かお返しがしたい(手紙と歌のプレゼント)
6年目→サンタさんのまねを始めた



(めっちゃ正座でサンタさんの話しを聞く)


実は、サンタさん。
全国18支部で子ども達に届けているため、サンタさんの命とも言うべくあの「赤い衣装」が不足しているそうなのです。
24日の夜の限られた時間内で一斉に配るため、サンタさんとお手伝いサンタさんは今年は1281人、来年には2000人分くらいの衣装が必要になるのだそう。

たちあげから6年、サンタさんをみてきて、年々サンタさんがバージョンアップをしているのを感じます。
ひげ、袋、サンタ研修による子どもとの接し方…
ともなって、衣装もかなりリアルになってきました。

このチャリティーサンタの衣装にもストーリーがあって、制作はネパールに発注し、サンタ服を増やすたびにネパールの子ども達の学資金になるそうです。

サンタさんの衣装ストーリー

わたしもひそかに一着オーナー。実はチャリティーサンタさんのロゴがかなりかわいくて、いろんなグッズもついてくるのです。そして、わたしも誰かのサンタクロースになれているのはとっても幸せなことです。
ご希望の方は、ホームページからまだ一着オーナーを募集しているそうです♪


久しぶりにきよすけくんに会ったR。

「覚えてる?」

「覚えてない!!」

(笑)何回か会ってるんだけどなぁ~。
でも、わたしは覚えてなくてよかったと思いました。サンタさんのひみつがばれちゃう。

渋谷のイルミネーションを見ながら、手をつないで帰る時にRがこう言っていました。

「あのきよすけくんて、長生きしそうだよね!」

「何で?」

「いっつも笑ってるもん!」

なるほど(笑)

Rが思春期くらいになって悩むことがあったら、わたしはきよすけくんに会いに行ってほしいとひそかに思ってます。
ああいう大人をみたら何かを感じるんじゃないかな。楽しそうに夢を叶えて、関わる全ての人を幸せにしていく人。


そんなきよすけくんとユーストで話している間、Rはめっちゃきれいなお姉さんと別室でオセロをしてもらっていました。役得だね…。Rくん、美女に本気でオセロ勝ってたそうです。おかあさんにそうとう鍛えられてるからね。


いろんなことに感謝の一日、
一年が過ぎようとしています。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック