ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

2000年越しの夢

【お知らせ 今年の3.11イベントですが、スケジュールの都合がつかないため、イベントはありません。
ハタチ基金への送金のみさせていただきます。】

1月のクラス振替分が、2日に分かれて行われるクラスが多いのと、わたし自身のスクーリングの日程でどうしても都合がつきませんでした。よろしくお願い致します。


今日は、2年ぶりにミディアムの原レオンさんのセッションを受けてきました。

スピリチュアルリーディングを受けることは、わたしの中で大きくとらえて自然療法ととらえています。

魂の癒しなくして、全人的なヒーリングはないなぁと思うからです。
心と身体は何とか、自分でケアできても、魂のことに関しては、プロの力を時々お借りしたいと思っています。

1999年にWHOが健康の定義を改訂しました。

改定前は

1)physical health(肉体的な健康)
2)mental health(精神的な健康)
3)social health(社会的な健康)

でしたが、改訂後は、

4)spiritual health(直訳:霊的な健康)

が加わりました。
WHOの言っていることを全て鵜呑みにしている訳ではないのですが、これは大きな改訂だなぁと感じます。

スピリチュアルな事柄に対して、依存するでもなく、毛嫌いするのでもなく、自然なこととして受け入れることが健康なのではないかなぁと感じます。

実は、わたしのこの小さなブログ、レオンさんで検索していらっしゃる方が多いのです。
本当につたない文章で恥ずかしいですが^^;、それでも心のおもむくままに、1ミリでも誰かのお役に立てたら嬉しいなという気持ちもこめて書いてみようと思います。


朝起きてすぐ、「あ~、今日のセッションでおばあちゃん出てきてくれればいいなぁ」と思っていたのですが、いの一番で出て来てくれました。

セッションの最初の15分は、こちらからは特に何も言わず、名前と生年月日を書いたらメッセージを受け取ります。
ここで、合っていないと思ったらやめてもいいそうです。

「おばあちゃんが来てる。庭いじり、植物さわってるね。あなたの植物好きはこの方から。
 がんばってるね~と言っています」

ところが、おばあちゃん、この後、わたしのことではなく、だんなさんのことを話し始めました。
これにはけっこうびっくり。

というのも、わたしは過去、レオンさんと別の方で対面で4度ほどリーディングを受けているのですが、だんなさんがでてきたことがなく、わたしも全く質問をしたことがないのです。
(興味がないということではなく^^;、心身ともにものすごく丈夫な人なのでほっておいても大丈夫な人なので…)

何を言われたかというと、要約すると

「だんなさんの健康管理、がんばってるね。食事を選ぶことをがんばっている。だんなさんは、今、仕事で身体に負荷がかかっているので、食を通じてあなたがサポートしている。病気という意味ではなく、食べ物で健康をサポートしてあげることが、今、とても必要な時期」

とおばあちゃんが言ってくれました。
食べ物に関しては、かなりわたしの趣味で(笑)、オーガニック地味飯の押し売りか!?と内心思っていたので、よかったんだとかなりほっとしました。


実は、正直告白しまして、最近、アロマ教室の看板を半分下げようかと思っていました。
というのも、あまりにも食の問題が気になりまして、今後は90分のクラスのうち、45分食べ物、45分アロマと正式に打ち出して、レギュラークラスに組み込んでいこうかと検討しているところでした。
でも、そういうのは自分で決めることだと思っていたので、今回のセッションでは聞くつもりはなかったのですが、最初の15分で、だ~っとわたしが頭の中で考えていたことが整理整頓されて出てきました。

どの言葉も、50回連続でうなづきそうになるくらい。
「こうしなさい」という言葉は全くなくて、わたしがまだうまく頭の中を整理整頓できなくておぼろげに考えてたことを「こういうことだよね~」って感じで。
驚きを通り越して、笑っちゃいそうになるくらい。
まだ、誰にも話したことはなくて、だんなさんに時々話してたくらいでした。
前日には「きみの考え方ってほんと、男性的だよね」と言われていたので、心の中でひそかに「明日のガイドの方や出てくる前世は男性ばかりに違いない」と思っていたら、本当に見事に男性ばかりでした。

「あなたの指導霊は、インディアンの男性の方。
ハーブ、薬草を持っている。アメリカに縁がある。薬草、薬効植物にどうしても興味があるでしょう」

きたー(笑)近年のわたしのインディアンブームの火つけ役はこの方。初めまして。

「ローフード、マクロビ、薬膳、それらをミックスさせて自分のスタイルを築いていくといい。
いま、だんなさんと子どもに食のことをやっているけど、それを仕事につなげていくとよい」

いつもいろいろ実験させてもらってます。


そして、今年か来年、カリフォルニアに行きたいと思って、お引っ越ししてそちらに在住の生徒さんに相談していたのですがそれもでてきました。

「食文化についてはアメリカがでてくる。興味ある?」

計画中です^^

「アメリカのやり方を取り入れつつ、日本の食材を使った日本人にあったものをゆっくり2~3年かけて考える、沖縄もからんでくるね」

まさに、2年前に行って、必ず近々行こうと思っている沖縄です。

「そして、放射能。気になるでしょう?」

まさに、昨日も勉強会に参加してきました。


「食べ物できれいにしていく。いま、放射能だけでなく、PM2.5、日本の公害物質もある。
なるべく入れず、そしていいものを入れて排出する。そのための活動も大事だし、それはあなたにできることだから。
水、水を調べてください。水が大切。」

と言ってくださったのは、現状を大きく変えるという意味ではなく、身近にいる必要な人に必要なことを届けられるのかなぁととても勇気づけられました。

「今まではアロマという外側から入れること、
今度は中から入れる、これで身体は中と外、2つ、両方で陰と陽のようなバランスがとれる。
アロマとかけ離れたことではないです。
それで1つのセット。

その後、スピリット、宇宙に興味がでてくる。50代ちかく」

もうすでに、興味ありありです。

「そういう意味では、30代はアロマ、外から。
40代は中からのケア、出す。
50代になるとスピリチュアルなもの、肉体をこえたものに興味がうつっていく。」

宇宙教室ヤスミンもよろしくお願いします♡


「あなたは、心と身体とたましいのバランスをとることをやろうとご自身の中で決めて、この世に来ています。」


これが、今回のインディアンの師匠からのメッセージでした。

「それをサポートしようと、だんなさんとお子さんがいます。(これ言ったら絶対だんなさんからクレームきます…)
だから、あなたをじゃましないでしょう?」

このじゃましないというのが、言い得て妙で、「応援します!」っていう感じはないのですが、まさにじゃましないって感じです。

「今、やっていらっしゃることは、前世、2000年前くらいから、古代エジプトの時代、星を見ている男性。
その頃からやりたかったこと。
地に根をはって、はえたエッセンスを使ったり、野菜、食べ物を使って、人間が生きていくこの肉体を使って生きていくのはどういうことなんだろう?と。
この時代は、宇宙の運行をみていた、肉体についてもっと学びたいと思っていた。
それを今、やっているんだよ。
だから、ずっと昔からやりたかったこと、そう思うと物心ついた子どもの頃から人間の身体に興味があったんじゃない?」

確かに物心ついた時から、家庭の医学で解剖のページをみるのが趣味でした。
子どものすることっておもしろいですね!そういう風になっているんですよ、おかあさん(笑)


「今、やっていることは、今だけぽっと思いついてやっていることではなく、何千年も前からやりたいと思っていたことが実現しています。
だから、あなたはお母さんで妻でもあるんだけど、それをこえて、長いたましい、古いたましいで生きてきて、それを叶えてきているということに、もっと自信をもってください」


これを読んでうさんくさいと思った方(笑)
実は、わたし、全く違うところで、違う方のリーディングでも全く同じことを言われます。

何が言いたいかというと、

「あなたにはできるから」という言葉。
これは、わたしだけの言葉ではなく、一人一人についているガイドスピリットが、誰の耳にもささやいていることなんだと思います。
できない夢は思いつかないんだと思います。

そして、叶えたい夢が特にないとあせる場合、もう夢を生きているんだと思います。
一件、平凡な毎日の中に、その人にとって必要なものがぎゅっと濃縮されているんじゃないかとわたしは感じます。


たくさん衝撃的なことがあったのですが、長くなりそうなのであと2つ。

「お子さん2人いますか?」

1人です。

「女の子がみえるな~。産む予定ありますか?」


ないんです!

それって、もしかしてペットじゃないですか?
あの、あの、ピーちゃんじゃないですか!?


あせるわたし。実は、レオンさんは覚えていないと思うのですが、前回も全く同じことを言われたのです。


レオンさんは非常に困ったようなお顔をされ、


「…鳥じゃないみたいですね」

ですよね^^;

「もう一人、子どもを産んだら、自分の好きなことができないと思っているかもしれませんが、
この女の子はあなたをサポートするために生まれてきますから、全く大変ではないです。
もちろん、絶対産まなきゃならないという意味ではないです。
こなければ、スピリットの世界から応援してくれます。」

来世で会おうね!


ここまでが、わたしの15分メッセージでしたが、途中、大号泣しました。
何かが当たっているからということではなく、人間って悠久のながれのなかでたましいとして生きているんだなぁと改めて深く深く感動しました。
そして、インディアンのガイドさんのメッセージを受けている時は、ひたすら鳥肌がたちました。


もう一つ、驚いたと同時に嬉しかったこと。

小さい頃から、悩まされている夢です。

「誰かに追いかけられて、ひたすらひたすら逃げている夢」
ものすごく苦しい夢なんです…。でも、定期的にみる。もう何十年と。

今日謎が解けました。

「第二次世界大戦、そんなに昔じゃない。
地下活動をしていて、スパイ容疑で追われて、逃げる若い男性がみえる」

その逃げている時の光景を聞いたら、ドンピシャわたしの夢にでてくる光景でした。

そんなに昔じゃないから、夢ででてくるんだろうね~と言っていました。

ドンピシャ感じます。それだと。


相性もあるのだと思いますが、レオンさんのリーディング。
わたしにはすごすぎて、定期的に受けたいのですが2年ぶりでした。

というのも、初回から1年ぐらい過ぎてそろそろ受けようかな~と思いながら毎朝のカードをひくと、
見事に「NO」「STOP」というカードが出るのです。
ちょっと1ヶ月くらい過ぎて、そろそろ?とひくと「NO」「STOP」
繰り返すこと1年…。それは見事なものでした。

これは、自分で考える時期ということなんだろうなと思いつつ、
初回の録音を振り返ったりすると、時間を経たからこそ分かるメッセージもありました。
まだ、これを完全に理解してなかったんだなぁと、とても深いメッセージであったことが分かりました。

やっといけましたよ(笑)


そして、今朝のカード。



ガイダンス。
次回は、もうちょっと早めにガイダンスお願いしたいです…。
って、3年くらいゴーサインでなかったりして…と思うくらい深い深いメッセージでした。


あまりに素晴らしい、コペルニクス的転回しそうなメッセージをいただいて、
レオンさんには感謝の気持ちをどう伝えたらいいか思いつかない感じです。

レオンさんに言ったら、
「それはあなたのガイドさんからのメッセージなんですよ」と言われそうですが、
わたしはその翻訳をレオンさんがしてくれた、人間のレオンさんへ感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、ご先祖様、スピリチュアルガイド、関わりを深く感じる現世の友人たちへ。


セッションの後、おばあちゃんのための花を買い、
頭がここちよくトリップしたまま、美味しいハワイアンコーヒーを飲み、
アロマショップめぐりをして、ブラウンライスカフェでランチをしました。

今月は(も)、書籍に散財しすぎたので、何も買うまいと思ったのですが、
どう~しても気になって、久しぶりにバッチ以外のブレンドされたフラワーエッセンスを買いました。
そのエッセンスがどんな効能か分からなかったので、帰ってからネットで検索したところ

ブレンドされているお花は、

「前世において培った能力を取り戻したり、アクセスする」
「サイキックアタックから身を守る」
「ガイドからのはっきりとした情報を受け取る」

でした。

だから、買ったのかと散財の言い訳。

今世の思い出に残る、よい一日でした。


原レオンさんブログ



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック