ヤスム文化

ヤスミヌム族、大集合!

Entries

5月のプレミアムクラブ

5月のプレミアムクラブのお知らせです。
(プレミアムクラブは、レギュラークラスの初級、中級、上級クラスを終了された方が、アロマテラピー以外の自然療法を学んだり、一緒にごはんを食べたりするクラブ活動です)

最近、寒くなったり暑くなったりですが、きっと5月にはだいぶ暑くなっている頃ですね^^

わたしが扱っているフラワーエッセンスは、バッチフラワーレメディです。

バッチレメディは、世界で一番初めに作られたフラワーエッセンス。
フラワーエッセンスは、精油ともハーブとも全く違うものです。

お花や木などのエネルギーを借りて、
人間のエネルギーに働きかけ、その人のマイナスな部分をプラスに変えていくという
療法です。
副作用は全くありません。

エネルギーというとよく分からないと感じる方もいるかもしれませんが
わたしもよく分かりません(笑)

分からないながらも、飲んでいると「あっ、何かいい感じ~♪」
と思います。

物質的には残されていないので、生まれたての赤ちゃんからペットまで使うことができます。
(ブランデーベースではないもの。わたしはグリセリンベースを使っています)
物質的には残されていないものというと曖昧な感じですが、
発祥の地、イギリスではレスキュー隊員が気を失った人に「レスキューレメディ」を
使っていたことがあったり、試験前になるとレメディーが急激に売りきれたりと日常的に親しまれています。

フラワーエッセンスは今では、世界中にたくさんの種類がありますが
医師であり、学者でもあったバッチ博士の作ったバッチエッセンスが
1934年世界で最初に作られました。

孤独、絶望、他人を気にしすぎる、恐れ、不確かさなどのカテゴリーに分けられたエッセンスから
自分に必要なものを選びます。


バッチ博士はこう言っています。

「寒かったら、カーディガンをはおりなさい。
 お腹がすいたら、何か食べたらよいでしょう。
 ある日目覚め、自信を喪失している自分を発見したら、ラーチを飲みなさい」

わたしはこの言葉が好きです。
人間生きているといろいろな感情を味わうことがあります。

そして、フラワーエッセンスは子どもやペットにも有効です。
バッチの花療法より
「子どもは、大人ほど行動パターンが固定していないし、
心理的な抵抗がほとんどないので、バッチの花の治療薬に早く反応し、効果があがることが
よくあります。」

潜在意識の奥の奥の方から働きかけてくれるので、アロマテラピーでなかなかむずかしいなぁと思う時に、フラワーエッセンスを使います。


フラワーエッセンスが初めて、もしくは飲んだことはあるけれどよく分からなかったという方を対象に、フラワーエッセンスって何?から、選び方のレクチャー&実際に選ぶクラスです。

【参加費用】3500円(自分もしくはお子さんに選んだフラワーエッセンスのブレンド1本、食養生にもとづいたベジお弁当つき)

【お申し込み】プレミアムクラブ在籍の方対象です。4月25日(金)までに、ご希望の日程とともにお申し込みください。

【時間】10時半~12時(そのあと、ランチタイム。お弁当なし可能。その場合、お弁当代はお返し致します)


春真っ盛り~



どこまでむけばいいのかと言いながら、毎年むいてます。



自然のアートだね



案外遊べる

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ヤスミン*

Author:ヤスミン*
大泉学園のアロマテラピー
&自然療法教室
アロマ環境協会インストラクター
アロマコーディネーター、
セラピストコース終了、
米国リドルキッズ協会認定小児タッチケア指導者、
nard アドバイザー

最新記事

最新トラックバック